学校法人 日本航空学園 日本航空高校
単位制・通信制高校 サポート校
〒674-0051 明石市大久保町大窪256-1 078-936-9640
神明学習支援センター  お問合せ   お申込み(無料体験)
安心指導   ~ 記憶法 ~
入学から卒業まで  /  サポート校の魅力  /  サポート校の紹介  /  卒業生・在校生の声 
合格・進学実績  /  コース紹介  /  安心指導  /  費 用 /  日本航空高校の紹介 
通信制高校の選び方  /  サポート校の選び方  /  Q&A 
TOP
入学から卒業まで
サポート校の魅力
個別学習
教室環境
登校日の選択
登校時間の選択
服 装
安心サポート
スクーリング
サポート校の紹介
センター長あいさつ
先生紹介
サポート校内
サポート校周辺
個別指導 学習塾
ブロードバンド予備校
会社概要
卒業生・在校生の声
合格・進学実績
安心指導
新コンセプト
学習ステップ
生きる力の習得
個別授業
中学復習授業
高校予習授業
大学受験講義
自習教室
EQの向上
セルフコントロール
脳科学
記憶法
能力開発
性格に応じたやる気の引き出し方
コース紹介
標準コース
充実コース
進学コース
費 用
日本航空学園の紹介
日本航空大学校山梨
(専)日本航空大学校
日本航空専門学校
日本航空高等学校
 (全日制高校)
日本航空高等学校
 (通信制高校)
学習センター
学習支援センター
日本航空高校石川
日本航空高等学校
付属中学校
ウィングジュニア小学部・中学部
日本教育相談研究所
JAA財団支援事業
通信制高校の選び方
サポート校の選び方
Q&A
資料請求
お問合せ
お申込み(無料体験)
関係機関リンク
今の貴方は
中学3年生の方
中学を卒業した方
今、別の高校へ通っている方
以前、高校に途中まで通っていた方
アルバイト・仕事をしている方
一部の科目だけを履修したい方
個人情報の取り扱いについて
サイトマップ


(1)記憶とは


 記憶は、「記銘」・「保持」・「想起」の3段階から成り立っています。 

    第一段階の「記銘」とは、ものを覚えること。
    第二段階の「保持」とは、覚えたものを貯蔵すること。
    第三段階の「想起」とは、貯蔵している場所から、覚えたものを思い出すこと。







 第三段階の「想起」は、さらに「再生」と「再認」に分けられます。

   ・「再生」とは、保持していた情報を引き出すこと。
   ・「再認」とは、いくつかの情報の中から選択すること。

 例えば、
「りんごを英単語で書きなさい」 という筆記問題は「再生」であって、4つの英単語の中から、りんごの意味の英単語を選びなさい」 という選択問題は「再認」ということになります。

 記憶の難しさから言えば、「再認」よりも「再生」の方が正確な記憶が求められるので、難易度は高くなります。





 次に、記憶法についてご説明します。



(2)短期記憶を司る海馬に着目した記憶法

 脳の一器官「海馬」を使った記憶法として、次の方法があります。

① 繰返し法

 一度覚えた情報を繰返し覚える方法です。 海馬では、何度も同じ情報を認識すると、重要な情報だと判断し、長期記憶させようとします。 この特性を利用した記憶法です。

 ただ、注意すべき点があります。「繰返し覚える」とは、1度に何度も覚えようとする
のではなく、一日・一週間・・・と的確な時間をおいて、再度覚え直すということです。 



② 感情法

 脳科学によると、「プラスの感情」が「記憶力向上」につながるそうです。 

 一時的な記憶の保管場所である海馬は、好き嫌いといった感情が生み出される扁頭葉と連動しています。 

 このため、自分から「面白い」「楽しい」といったプラスの感情を積極的に引き出すことによって、記憶を向上させることができます。






(3)脳の特性を利用する記憶法

① 連想法

 脳機能は、あるきっかけにしたがって変化を受けると、この変化を保ち続けるという性質があることが脳科学の世界で明らかになってきました。

 脳損傷のリハビリ研究などでは、これを「脳の可塑性」と呼んでいます。

 一度覚えた情報に、何か別の情報を関連つけたりすると、脳は記憶していた情報に変化が起こったと判断し、その変化を強く保持しようとし、記憶をより鮮明にするのです。

 ここで、ワンポイントアドバイス!

 本に書かれた知識だけでなく、今まで実際に経験したことにも結びつけると、効果的です。



② 整理法

 「脳の汎化」という特性を利用する記憶法があります。 

 汎化とは、梅干を見ただけで唾がでてくるように、一度ある一定の刺激が脳に与えられれば、その後は類似する経験でも脳が条件反射的に反応するようになることです。

 類似の情報をまとめて覚えると、芋づる式に引き出しやすくなるので、英単語を覚えるときは、意味が似ている英単語をグループに分けてから、グループごとに覚えるとよいでしょう。





(4)脳全体の活性化を利用する記憶法

① 高速法

 東北大学の川島教授が行っているブレインイメージ研究では、音読や単純計算を早くすることによって、脳全体が活性化し、記憶力が高まるという実験結果が出ています。

 また、㈱グローバルサクセスが開発・販売している速音聴ソフトを使えば、1~10倍に速くなった音声を聞くことができます。 この効果は、「成績がアップした」「老化防止になった」「EQがアップした」という体験談が続々と寄せられてることから、実際の効果が証明されています。

 高速学習によって得られるメリットとして、学習時間の短縮が挙げられます。2倍の高速学習をすれば、普通に学習して10分かかる箇所を、5分で学習できます。 同じ10分間勉強すれば、普通学習に比べ、2回見直せるので、脳へのより確かな刺激と記憶力の向上が期待できます。



② 五感法

 多くの方は、見るだけで覚えようとしているのではないでしょうか? 

 「目」で見るだけで覚えようとするのではなく、「目」で見て、「口」から声を出して音読し、「耳」で聞きながら、「手」を使って書き、頭で具体的に意味を「イメージ」して覚えましょう。記憶する際に、より強い印象を与えておくことで、思い出すことが容易になります。 





(5)記憶の忘却曲線


 記憶の忘却について、有名なエビングハウスの実験結果があります。 この実験は、エビングハウスが子音・母音・子音から成り立つ無意味な音節を記録し、その再生率を調べた実験です。

 この実験結果を踏まえ、創心義塾では、人は知識を忘れていく生き物であることを前提とし、上記の記憶方法を用いて、生徒の記憶率がアップする対策を講じています。





神明学習支援センター 078-936-6944
   お問合せはこちら   お申込み(無料体験)はこちら

TOP / 入学から卒業まで / サポート校の魅力 / サポート校の紹介
卒業生・在校生の声 / 合格・進学実績 / コース紹介 / 安心指導 / 費 用 
日本航空高校の紹介 / 通信制高校の選び方 / サポート校の選び方 / Q&A 
資料請求 / お問合せ / お申込み(無料体験)
copyright 2009 ヒューマン All right reserved
このホームページのすべての文章の文責および著作権は 「株式会社ヒューマン」に帰属します。